こんにちは。
本日行われました2018年度秋季リーグ戦第4節(VS.姫路獨協大学 春季2位)1回戦の結果は以下のとおりです。

1 
関福大
流科大

第4節 関西福祉大学 0勝1敗 姫路獨協大学 1勝0敗
関西福祉大学通算成績 1勝4敗

1 4 芳田 拓己(4年)岡山学芸館
  PH 草野 雄輔(3年)倉敷工業(9回表 代打)
2 9 十河 穂岳(1年)大手前高松
3 2 伊澤 魁星(3年)高知中央
4 5 入江 和希(3年)高知中央
  3 築尾 隆克(3年)広島国際学院(6回裏 守備から)
5 DH 福井 良太(2年)浜田
6 8 中嶋 周平(1年)浜田
7 3 山根 尚将(1年)金光学園
  5 守備位置変更(6回裏 守備から)
8 6 島田 晃太(1年)高知中央
9 7 鳥羽 康平(2年)岡山理大附属
  PH 永濱 忍(2年)明石(9回表 代打)
P 田村 龍佐(4年)岡豊(5回1/3)
  鵜飼 真治(3年)浜田(2回2/3)

ここまで4試合中3試合に登板し、3完投の田村(4年 岡豊)は1回裏に先頭バッターにヒットを打たれ、さらに盗塁を許しますが、空振り三振とファーストゴロ、デッドボールで2アウト1、3塁から、ライト前へタイムリーヒットを打たれ1点先制されます。
打線は2回表、1アウトから5番 福井(2年 浜田)がフォアボールで出塁すると、6番 中嶋(1年 浜田)の打球はセンター前へ、この打球を相手センターがダイビングキャッチを試みますが捕球できず、打球が転々とする間に1塁ランナーの福井がホームに還り同点に追いつきます。その後は1アウト3塁のチャンスを活かせず、同点どまりで攻撃を終えます。
1-1に追いついた直後の2回裏、2アウトランナーなしから、ヒットで出たランナーに2盗、3盗を決められ、3アウト3塁からセンター前へ運ばれ、1-2と再びリードを許します。
同点に追いつきたい打線は、4回表、2アウトから5番 福井がこの日2つ目のフォアボールを選び、2アウト1塁の場面で、6番 中嶋が右中間へ大きな当たりを放ち同点かと思われましたが、打球がワンバウンドでフェンスを越え、エンタイトル2ベースとなり、2アウト2,3塁となり後続が打ち取られ、追いつくことができません。
5回表にもこの試合が今季初スタメンの先頭の島田(1年 高知中央)がライト前へヒットを放ち、9番 鳥羽(2年 岡山理大附属)の送りバントを相手キャッチャーが送球ミスで0アウト1,2塁とチャンスを作ります。1番 芳田(4年 岡山学芸館)が送りバントをするも相手ピッチャーの好フィールディングで送ることができません。2アウト1,2塁となり、迎えた3番 伊澤(3年 高知中央)の打球はピッチャーのグラブを弾き内野安打で2アウト満塁と一打逆転のチャンスを作りますが、後続が打ち取られ得点を奪うことができません。
チャンスを逃した後の5回裏、踏ん張りたい田村でしたが、2アウトから2ベースヒット、フォアボールで2アウト1,2塁からタイムリーヒットを打たれ、1-3とリードを拡げられます。
ゲームの流れの変わりやすいグラウンド整備開けの6回表、1アウトから6番 中嶋がこの日3本目となるレフト前ヒットで出塁します。7番 山根(1年 金光学園)がセンター前へヒットを放ちますが、3塁を狙った1塁ランナーが3塁でタッチアウトとなり、得点につなげることができません。
6回裏、ヒットと送りバントで1アウト2塁とピンチの場面でベンチが動き、2番手として鵜飼(3年 浜田)をマウンドへ送ります。代わった鵜飼は、ショートゴロで2アウト3塁としますが、続くバッターにセンター前へ運ばれ、1-4とされます。
なんとか点差を詰めたい打線は、7回表1アウトから1番 芳田がライト前ヒット、2番 十河(1年 大手前高松)がフォアボール、3番 伊澤がライト前ヒットとつないで1アウト満塁のチャンスを作ります。ここで、6回裏の守備から今季初出場している築尾(3年 広島国際学院)の叩きつけた打球が併殺崩れとなり1点を挙げ2-4とします。
7回裏、8回裏にも1点ずつを追加され、2-6で迎えた9回表、永濱(2年 明石)、草野(3年 倉敷工業)と代打攻勢に出ますが実らず2-6で敗戦となりました。

第4節2回戦は、明日(9/29)G7スタジアム神戸(神戸総合運動公園サブ球場)にて、12:40試合開始予定です。
なお、G7スタジアム神戸(神戸総合運動公園サブ球場)に応援にお越しの際は、ほっともっとフィールド神戸の駐車場をご利用ください。
ほっともっとフィールド神戸 駐車場 画像のP5またはP7をご利用ください
従来のG7スタジアム神戸(神戸総合運動公園サブ球場)ライト奥側の駐車場はご利用いただけませんのでご注意のうえ、ご理解とご協力をお願いいたします。